家を売る、家を買うと言った場合、自力で買い手や売り手を探すのは大変です。そこで、多くの方は、不動産会社に依頼されます。そして、自分の代わりに買ってくれる人や売ってくれる人を探してもらうという訳です。これを仲介だと思っておられる方は多いのではないでしょうか?
しかし、いざ不動産会社との契約となると、何故か「媒介契約」を結ぶ事になります。そこで最初の疑問、「仲介」と「媒介」はどう違うのかという話になるのです。

 

仲介と媒介の違い

 

仲介と媒介というのは、少なくとも、不動産取引きにおいては、全く同じものです。ただ、賃貸契約の場合には、余りにも堅苦しい事を言うと敬遠される事があるため、仲介として仲介手数料を取るシステムを導入しているところが圧倒的多数だと言えるでしょう。
それに対し、売買となると、それなりの重みのある行為ですから、契約自体に貫禄を付ける事も大切です。そこで、媒介契約を結ぶ事としている不動産会社が目立ちます。

 

という事で、不動産会社を通じて家を売却する場合には、媒介契約を結ぶ事になると思っておかれると無難です。ただし、媒介契約には、『一般媒介』・『専任媒介』・『専属専任媒介』の3種類があり、必ずどれか1つを選択しなければなりません。違いは次の通りです。

 

一般媒介

 

複数の不動産会社に同時に依頼出来る!
自分で買い手を探す事が出来る!
などのメリットがあります。
ただし、
必ずしも進捗状況が定期的に報告されるとは限っていない!
必ずしも大々的にPRされるとは限っていない!
必ずしも全国ネットの情報サイト「レインズ」に掲載してくれるとは限っていない!
というデメリットがあります。
基本的に不動産会社としては、大歓迎とは行かない契約です。何故なら、一生懸命買い手を探したところで、他社に先を越されて利益が得られない事が珍しくないからです。そのため、必要以上の経費は掛けない方向で進めます。また、レインズへの登録は無料ですが、それにより、あえて出さないところも少なくありません。
しかし、自力で購入者を見付けられる可能性があるのであれば、保険として数社と契約しておくと安心でしょう。さらに、立地条件が良ければ、多くの人に競争してもらい、より良い条件で売却する事も出来ます。

 

専属専任媒介

1週間に一度のペースで進捗状況の報告を受けられる!
大々的にPRしてくれる!
全国ネットの情報サイト「レインズ」に登録してくれる!
というメリットがあります。
ただし、
特定の不動産会社1社としか取引き出来ない!
自分で買い手を探す事が出来ない!
というデメリットがあります。
不動産会社としては大歓迎の契約です。何故なら、100パーセント自社で売買取引を成立させられるのです。潤沢な経費を遣っても利益は保障されています。また、定期的な進捗状況の報告とレインズへの登録が義務図蹴られているので安心して全国ネットでの買い手探しが出来るでしょう。

 

専任媒介

 

自分で買い手を探す事が出来る!
2週間に一度のペースで進捗状況の報告を受けられる!
そこそこPRしてくれる!
全国ネットの情報サイト「レインズ」に登録してくれる!
というメリットがあります。
ただし、
特定の不動産会社1社としか取引き出来ない!
というデメリットがあります。
不動産会社としては、一般媒介よりは断然優位です。競争相手が同業者ではなく、持ち主という事で、勝てる確率は低くありません。そこで、そこそこの経費は充てる方向で検討します。さらに、定期的な進捗状況の報告とレインズへの登録が義務図蹴られているので安心して全国ネットでの買い手探しが出来るでしょう。また、自分で買い手を探してもペナルティーを取られる心配がないため、宛てのある方でも保険として契約出来ます。

 

どれを選ぶべきか?

 

家 売却とひと言に言ってもいろいろあるんですね。
不動産会社ひとつとっても、一般やら専任やらあってなんだかややこしいです。
でも高く売るためには重要なことなのでしっかり覚えておいた方がよさそうですね。
で、最終的にどれがベストなのかと言うと、本気で売却したいのであれば、やはり選任売却、それも、専属専任売却を選択するべきでしょう。
特に、親戚や知人の中に購入してくれる人がいない場合には、自分で買い手を探すのは困難です。さらに、人が動けばお金も動くと言われるように、自力で売却に漕ぎ着けるには、それなりの手間も費用も掛かります。ならば、最初から完全にプロに任せ、大々的にアピールしてもらうに限るというものではないでしょうか?
因みに、不動産会社の言う経費の大半は宣伝費で、勿論、現地案内にもそれなりのお金は掛かります。そのため、そうした部分を惜しみなく遣ってくれるかくれないかの分かれ目、それが媒介契約の分かれ目です。

 

でも、もしかしたら、言い値で買ってくれる人が現れるかも知れないし・・・。
そう思われる方もおられる事でしょう。
けれど、そういう場合には、契約が切れた後に個人で売買すればいいのです。いずれの媒介契約も、有効期間は3ヶ月と定められていて、その後の更新は自由です。成果が出なければ、別の不動産会社と取引するという手もありますね。

 

また、話題の街のような立地条件がいい場合や本当に自分で納得出来る相手に売りたい場合には、一般媒介や専任媒介で事を勧めるのもありです。ですので、いずれにせよ、必ず当初の段階で複数の不動産会社と交渉するようにしましょう。